◆9月11〜13日◆『出羽三山』星野先達のもと「瀬織津姫花活けご奉納」「龍神聖地巡礼」

出羽三山 星野先達 奉納演奏 羽黒山 羽黒山神社 瀬織津姫 月姫 みず橋ことみ 山伏
◆9月11〜13日◆『出羽三山』星野先達のもとで、瀬織津姫花活けご奉納と、龍神聖地巡礼の行

ナビゲーター
羽黒山伏 星野文紘 大先達

奉納者
花活け:月 姫
演奏:みず橋ことみ

主催
姫巫女神楽 月 姫

スケジュール

ー1日目ー
9月11日
13時00分 山形 大聖坊 集合
15時00分 瀬織津姫花活けご奉納
※到着時間が遅れる方や早まる方は事前にご相談ください

ー2日目ー
9月12日 山伏星野先達とめぐる龍神聖地巡礼
※車で移動予定

ー3日目ー
9月13日 朝 宿坊にて解散

全国から参加者様を募集いたします

出羽三山お参りが初めての方、星野大先輩にお会いするのが初めての方大歓迎。
何度か羽黒へ行かれている方や、星野先達に何度かお会いしている方、どなた様も大歓迎です

●参加者の方は、基本的に山形大聖坊まで、
ご自身で来れる方で、現地集合解散できる方を募集いたします。

●車でお越しになる場合は、事前にお申し出ください。

●山形 大聖坊 行き方はこちらをご参照ください。
アクセス→ http://www.daishobo.jp/access.html

出羽三山神社HP→ http://www.dewasanzan.jp/smarts/index/0/

●参加費26000円(宿泊費1泊二食付き8640円×2日分込み)
※現地までの交通費と12日昼食代は自己負担となります。

お申し込みはこちら!

ご不明などありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

●ナビゲーター羽黒山伏 星野文紘 大先達

出羽三山 星野先達 奉納演奏 羽黒山 羽黒山神社 瀬織津姫 月姫 みず橋ことみ 山伏
1946年山形県出羽三山羽黒山宿坊「大聖坊」の三男として生まれる。 1971年東洋大学文学部を卒業後、「大聖坊」十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰、山伏名「尚文」拝命する。 2007年「冬の峰百日行」の松聖を務め、2008年より「松例祭」所司前を務める。 2000年より三日間の大聖坊山伏修行も実施。また各地で修験道の講演をし「こころ」「いのち」「健康」「農業」「芸能」の重要性を訴える。 現職:出羽三山神社責任役員理事、出羽三山祝部総代、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、NPO法人公益のふるさと創り鶴岡理事、明治大学野生の科学研究所研究員など。

山の思想

「受けたもう」っちゅうのはこれはね、同じ修験道でも羽黒独特の言葉だね。
要するに何言われても、名前呼ばれても、何かこれ頼むって言われても何でももう「受けたもう」なんだね。

考えてみるとさ、修験道っちゅうのはほら、色んなものが入っているじゃないか。
神様も仏様も、陰陽道も道教も、アニミズムもみんな受けている宗教だよね。
やっぱり、修験道は一神教と違って多神教じゃないですか。
そうするとものすごく受け皿が広くなきゃいけない訳だから、色んな多神教を受けているからそれを象徴するような言葉だよね。
「受けたもう」っていうのは。

生きていると日々、いや、違うだろうっていうのがあるじゃないか。
そこで対立が起きるんだよ。でも対立の先にはあまりいいことないもんね。
だから、人間が生きていくうえでの、人間社会の中での基本的なことじゃないのかな。
「受けたもう」って。 なんでもありの、まずスタートが「受けたもう」だよね。
そこから入っていくんだから。いい言葉ですよ。羽黒山伏の。

日本っていう国は本来自然が神様であってさ、
だからまあ、山であり、川であり、海であり、大きい木であり、象徴的なのは磐倉だよね。
磐倉なんかは神のシンボル的なものとして扱われていた訳だ。だから岩倉神社とかがいまでも残っている。

そういう自然を拠り所として、そして向かい合って、神様っていうのはごく普通に日々の生活の中にいたんだよね。
自然の神様からいろんな恵みまでいただけるという、非常に分かりやすい世界だと思うんだよ。やっぱり自然の神様っていう
日本の思想って素晴らしいと思うねえ。

神様に仏様が入ってきて、その神様と仏様を中世で一緒にしていったのが修験道だから。
日本人の精神性の拠り所として修験道っていうのは、ものすごくあるんじゃないのかな。
神様と仏様両方だからね。

それが近世の江戸時代まで来て、明治政府が日本を早く近代国家にするために、
これはやっぱり天皇や国を神様にしなきゃいけないと、統率しようとした訳だ。
で、神様から仏様を離しちゃった。
神仏分離令を明治元年に出したのだけれども、ところがやっぱり日本人の精神性を集合化したのが修験道な訳だから、
明治政府は、ああ、これは修験道も潰さない限り、神仏分離はならないなということで、
改めて明治5年に修験道廃止令まで出して日本の修験道を壊しちゃった。
日本の本当の精神性、日本人の本質的に持っていた文化性っていうものをそこで壊しちゃったんだな。

http://www.luxurearth.com/jp/ より掲載

 

 

●花活け奉納者 姫巫女神楽 月 姫

●ナビゲーター羽黒山伏 星野文紘 大先達

即興花活けアーティスト

神社仏閣花活けご奉納をはじめ
様々なアーティストと愛と美のコラボイベントを実現させ
その他にはフラワーワークショップやmarché等
瞑想や聖地リトリート等の様々なジャンルのイベントを開催している

即興花活けパフォーマンスには
場所の浄化や開花の意が込められていて
天地を繋ぎすべての方の目覚めのお手伝いになるよう努めています。

ー姫巫女神楽 月姫主催イベントー
2015.12.4 花と灯 ユラリユレル
2016.5.14 大地の鼓動
2016. 6.15 水無月の花
2016.9 満月 かぐやの花あそび
2016.12.11 黄金の祝祭
2017.6.25 大國魂神社 地球の音
2017.10 満月 Moondust
2017.12 冬至 地球に愛を
2018.3.3 上巳の節句
2018.3 春分 武蔵野一ノ宮小野神社 瀬織津姫花活けご奉納
2018.6.3 九頭龍神社 滝プチリトリート

●演奏奉納者 みず橋 ことみ

メンタルトレーナー / 倍音楽器演奏者

みず橋ことみ 高橋全 石井タカシ 演奏会 コンサート

3歳からエレクトーンを始め、音楽漬けの毎日。同時に、人の心理に興味があり、人間観察に明け暮れて育つ。
2009年にスピリチュアルな世界と出会い渡米、ヒーリングの講師となる。
2014年には、オリジナルの講座「マインドレッスン」を開設。
現在まで、講座開催150回以上・個人セッション2000人以上。沖縄やバリ島などへのリトリートも開催している。
その人に必要なメッセージを下ろし、思考と現実の関連性を分かりやすく、ロジカルに説明する個人セッションは、経営者、女性起業家やアーティストなど、幅広く支持されている。

2014年より、ヒーリングライアーをはじめとする、倍音楽器の演奏も行い、多くのアーティストと共演している。
ヒーリングライアーでは2枚のアルバムをリリース。
そのほか、音楽イベントを積極的に開催し、思考と感覚の両方向から、幸せになる生き方を提案している。

共演者(順不同)
神門メソッド創始者 /飯島敬一
サントゥール奏者 /宮下節雄
アンビエントユニット /クリスタルナーダ
音霊瞑想 アーティスト /小嶋さちほ
キルタン奏者・iMaginations /堀田義樹
ピアニスト /高橋全
チャネリングピアニスト /有本紀
グーダドラム /ダニーロ・強
ベリーダンサー /ナシャール
ベリーダンサー /Apsara
ベリーダンサー /Maia
オリエンタルパーカッション /立岩潤三
パーカッション /セコ・サンチェス
アナログシンセ /Kazuya
シンギングボウル /石井タカシ
算命学 /黒田麻衣子
クリスタルアーティスト /アンジェル・レイ
シンガーソングライター /ハンナ
ピアニスト 声楽家 男体女神 /中野志音
声楽家・ヒーリングライアー /Iso Yasuyo
クリスタルボウル奏者 /Emi Takekoshi
キルタン奏者 /ダフネ・ツェ
バーンスリー奏者 /寺原太郎

PAGE TOP